Profile:1何故セレクトアイを選びましたか? 2入社してみた感想は?

一輪の花





かるがも奮闘記を ご覧いただきありがとうございます!

セノバ2F、plusのうららです (^^)






新元号「令和」1発目のかるがも更新です!


平成生まれとしては寂しい気持ちもありますが、

なんだか年越しみたいで、気持ちが切り替えられますね♪






ありがとう平成! ようこそ令和!










さあ!

今日は"入社当時に社長からいただいた言葉"の

お話をしたいと思います。




ともに私のダークサイドをちょっぴりお届けしてしまいますが、

ご容赦ください(^^;)










正直に言いますと、入社当時ってもう何でもかんでも

緊張と不安で満ち満ちていました。笑



よく「緊張しているように見えないね」なんて

先輩方やお客様にも言っていただきましたが、





ちゃーんと手は震えていて脳内大パニックでした。(°_°)










私の場合、 何か行動する前から


自分には何ができるんだろう

何をしていいんだろう

何をしてはいけないんだろう


と、頭の中がガッチガチで。




結局なにもできない。笑

負のループ以外のなにものでもないですね!









と、なると無意識のうちに 表情や空気にも出ちゃうんです。

それもセレクトに入って学びました。



そんな自分も客観視できないほどに

勝手にマイナス思考に陥っていた私に

社長が言って下さった言葉が










「一輪の花になりなさい」 でした。








"例え一輪だけでも、花を部屋に飾ると

何をするわけでもないのに そこにあるだけで パッと空気が明るくなるでしょ。

うららはお店の花でいなさい。

ただし枯れていたら意味がないよ。"









何も出来ない役立たずだ...と落ち込んでいた私に、

役割を下さったのです。



"こんな私にでも出来ることがある"と思えるだけで、

"私が今すべきこと"がわかるだけで、 心はとても軽くなりました。









心が軽くなると、笑顔でいられるようになり

笑顔でいると、周りも笑顔を向けてくれる。





負のループとは正反対なので、 正のループ?と言いましょうか。

そんなことも実感できたのでした。









その経験はもちろん今でも心の中にあり、

ふと笑顔が自分から消えてしまってる時には思い出しています。





そうやって少しずつ、一歩ずつ、一段ずつ、

社会人として、セレクトの社員としての

ステップを積み重ねさせていただいている最中です!






常にあたたかく見守って下さる環境に 感謝の日々なのです(*^^*)











それでは 今週もお付き合いありがとうございました!




来週もどうぞ よろしくお願いいたします(^O^)/




うらら