SEC Mix コーデ No.131






高校に入学した初日は、部活動見学だった。







友達といろんな部活を見て回った。




 


青空の下。

緑の芝生の上。







中庭で先輩達が、クルクルと華麗にバトンを回してる。









時には、高く高くバトンを上に投げてキャッチ。









「 か、か、かっこいい〜〜〜 !!! 」








魔法使いみたいにバトンを操ってる。









私もあんな風に、

バトンを華麗に操りたい!!!!









憧れを抱いて、バトントワリング部に入部した。







tomomi-EC1.jpg







しかし、、、

憧れだけでうまくはいかず、、、、(>_<)






私は身体も硬いし、リズム感もない。。。




いつも、周りの仲間ができている技もできず。





人一倍練習を重ねないとできるようにならなかった。





部活が終わっても自主練習。






そこからさらに、友達と帰り道の公園で

真っ暗になるまでまたまた練習。






休みの日も家の前で、日がくれるまで練習。







バトンは顔に当たって痛いし、

恐怖心も大きくなる。






何回やっても、たくさん練習してもできない。




周りの仲間はできているのに、自分だけいつも置いてかれてる。






時には辛くて、泣いた。

何回も辞めたい、逃げ出したいって思った。





だけど、不思議。




できなかった技がやっとできるようになった時のあの感覚。




バトンを高く高く上げて、しっかりと自分の手でキャッチできた時のあの感覚。





忘れられない。





この感覚を知っているから、

バトンを手放せなかった。





あの頃のようにバトンを回してみる。







tomomi-EC2.jpg







tomomi-EC3.jpg






クルクル、クルクル。






あの頃のようには回せないけど、

しっかり感覚は覚えてる。












私は胸を張って言える。





あの経験があったからこそ、今の私がいるんだと。





tomomi-EC4.jpg






みんなについていけるようになるまでの道のりは、とっても長かった。

ゴールに近づくまで、本当に回してまわしてまわした (笑)

すごく遠回りだったのかもしれない。








でも、私はやればできるんだ!!って自分の可能性を感じることが出来た(*^_^*)






やればできる。やってみよう!!!!

そう信じて、これからも進んでいきたい。









PAGE TOP ▲